トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> がん検診> 詳細

青森県総合健診センター がん検診


 がん検診
 胃がん検診の方法として、有効であるとされている検査は「胃X線検査」です。
胃X線検査は、発泡剤とバリウムを飲み、胃の中の粘膜を観察する検査です。 がんを見つけることが目的です
が、その他にも良性の病気である潰瘍やポリープも発見することができます。
 

※注 【胃集団検診用透視撮影台の限界荷重値の設定について】

対象者
・40歳以上
※妊娠している方、又は妊娠を疑われる方は除きます。

検査内容
胃部X線検査
  1. 撮影 : 100mm間接フィルム又は、デジタル画像。通常1人8枚撮影。
  2. 使用薬剤 : バリウム懸濁液(濃度190W/V%)140cc、発泡剤5g。

 



 大腸がん検診
 がんやポリープなどの大腸疾患があると、大腸内に出血することがあります。この検査は、その血液を検出する検査です。負担の少ない最も有効な検査法で、食事制限なく簡単に受けられる検査です。

対象者
・40歳以上

検査内容
免疫便潜血検査(SPIA法)
  1. 便の採取は、免疫便潜血検査用の「スティック」を使用します。
  2. 2日続けて検体を採取する2日法で実施しています。

 




 がん検診
 肺がん検診はX線撮影による検査と、喀痰細胞診(該当者)を併用して行っております。
 治療技術の進歩で、肺がんも早期であれば治療成績も年々よくなっています。 

対象者
・40歳以上
※妊娠している方、又は妊娠を疑われる方は除きます。

検査内容
胸部X線検査
  1. 問診(現在の症状、既往歴、家族歴、過去の検診受診状況等)
  2. 撮影 : 胸部エックス線検査 デジタル画像による胸部エックス線写真1枚を管電圧120~140kVで
   撮影します。
  3. 喀痰細胞診検査(原則として、50歳以上で喫煙指数[1日の喫煙本数×喫煙年数]600以上の方。
   (ただし6カ月以内に血痰のあった方は除きます))
   1)喀痰容器の配布は、胸部検診当日とします。
   2)喀痰の採取法は、早朝3日間連続して採取してください。
   3)喀痰容器の回収は、容器配布日から1週間以内に市町村等が回収し、センターへすみやかに
    送付してください。配布して残った容器、未使用の容器も同じく送付願います。

 



 子宮頸がん検診
子宮頸部の粘膜を採取することで、がん細胞の有無やがん細胞の種類(組織型)を知ることができます。
これを細胞診といい、この検査によって子宮頸がんの診断ができます。 頸がん検診を受診した方の中で、医師による問診などでハイリスク※1(高危険群)に該当する人には、内膜から細胞を採取し、子宮体がん検診を行います。

※1 ハイリスクは、最近6ヵ月以内に不正出血を訴えたことのある人で、40歳以上・閉経以後・未妊婦で月経不規則のいずれかに当てはまる人としています。

対象者
【子宮頸がん検診】
・20歳以上の女性

・子宮体がん検診は子宮頸がん検診を受診した方で、年齢40歳以上、最近6ヶ月以内に不正性器出血症状のあった方のうち、医師が判断して本人の同意を得た方を対象としています。

※妊娠している方、又は妊娠を疑われる方は除きます。

検査内容
  1. 問診
  2. 視診及び細胞採取
  3. 内診

 




 がん検診
 女性のがん罹患数では、乳がんがトップです。乳がんはごく早期に発見されれば95%が治癒するといわれており、このため早期発見することが重要とされています。
 検診は精度の高いマンモグラフィとなりますが、年齢別に検診方法が異なりますので、下記の
「検査方法」をご覧ください。

対象者
・40歳以上の女性
※妊娠している方、又は妊娠を疑われる方は除きます。

検査内容

60歳以上 マンモグラフィ1方向撮影【2年に1回受診】
40歳~50歳代 マンモグラフィ2方向撮影【2年に1回受診】
 
※ 年齢にかかわらず、片側乳房全摘切除を受けている方は、健側乳房のマンモグラフィ2方向撮影します。 
※ 乳房にしこり、痛みなど自覚症状がある場合は、乳腺専門外来で詳しく検査してください。

 




 前立腺がん検診
 前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響していると
 考えられています。 中高年の男性において注意すべき病気のひとつです。 

対象者
・50歳以上の男性

検査内容
PSA検査(腫瘍マーカー) 




トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> がん検診> 詳細

このコンテンツに関連するページ

ページのトップへ戻る