トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 注意事項

青森県総合健診センター 各検診の注意事項

正確な検査をするために、ご協力をお願いいたします。


各検診の注意事項


 胃がん検診  大腸がん検診   胸部検診(肺がん・結核)
 子宮がん検診  乳がん検診  特定健診、一般検診など
 腹部超音波健診




胃がん検診
 ※妊娠している方、またはその可能性のある方は受診できません。

※注 【胃集団検診用透視撮影台の限界荷重値の設定について】
注意事項

1. 検査の前日

夕食後(遅くても9時以降)は、飲食をしないでください。

2. 検査当日

1)朝起きてから検診終了まで、飲食や喫煙はしないでください。
ただし、血圧の薬・心臓の薬を服用されている方は、当日起きてすぐに約100ml位の水で必ず服用してください。 (検査開始2時間以上前)
2)インスリン注射や血糖降下剤の服用はしないでください。
3)下着はボタン、金具、プラスチック等のつかないものを着用してください。上記のものがついていない無図のTシャツ、トレパン等であればそのまま検査を受けることができます。
4)血圧の高い方や体調不良等を訴える場合は、医師の判断により胃がん検診を中止する場合があります。
その時は、日程の変更や医療機関で受診することをお勧めします。

3. 検査終了後

1. 胃がん検診(硫酸バリウム投与)後、消化管内にバリウムが留まることにより、まれに消化管穿孔(消化管に穴が開く)、腸閉塞(消化管にバリウムがつまる)が起こり、その結果としてバリウム腹膜炎などの重篤な転帰をたどることがありますので、検査後にできるだけ早くバリウムを排泄させる為、次の点に留意してください。

     
 受け取った下剤は直ぐにコップ2杯以上の水で服用ください。(下剤袋を参照)
 検査後は、なるべく早く食事(間食を含む)を摂るようにしてください。また、今日一日は出来るだけ多くの水分を摂るようにしてください。
 便意を感じなくても、定期的にトイレに行くように心がけてください。
 検査終了後4~5時間経過してもバリウム便(真っ白でない場合もあります)の排泄がない場合は、追加の下剤を服用してください。
 検査後、翌日まで(通常便に戻るまで)アルコール類の摂取は控えてください。
 検査後の数日間は排便の状況を確認していただき、バリウム便が排泄されない場合や、持続する便秘・腹痛などの症状が現れた場合には、直ちに医療機関を受診してください。
※バリウムが排泄されず、長時間腸内に残っているとだんだん硬くなり、より排泄しにくくなります。

2. さらに、副作用として、まれにショックなどの重篤な過敏症(アレルギー症状)が発現することがありますので、下記のような症状が現れた場合は、すぐに医療機関を受診して適切な処置を受けてください。
症 状 じんましん、気分が悪い、顔色が青白くなる、手足が冷たくなる
喉がつまる、息苦しい、息がしにくい

4. 検査基準





大腸がん検診
 
注意事項
 1.  採便容器の入った袋は切り取り線に沿って切り取り、同封の説明書をよくお読みください。
   採便容器には、1日目、2日目の指定はありませんのでどちらを先に使用してもかまいません。
 2.  事前に容器を確認し、袋とラベルに氏名を記入してください。
 3.  便は2日続けて取ることが望ましいです。(出来ない場合は日を変えて2回採取してください)
 4.  スティックをまわして抜き、便の表面をまんべんなく擦りとり、1回差し込みしっかり締めます。
 5.  採便した容器だけを青い袋に入れ提出してください。
 6.  採便シートを使用した時は、トイレットペーパーなど一緒に流すとトイレがつまる場合はあります。
   トイレットペーパーは少量使用するか分けて流してください。
 7.  便は、原則として即日(2日目)回収とします。健診予定日の5日以内に採取してください。
 8.  便を採取した容器は冷暗所で保存(4~10℃)とし、便を採取していなければ室温で保存してください。
 9.  便の容器には使用期限がありますので、採取できなかった場合、未開封のもののみ、担当者まで返品
   してください。開封したものは各自で処分してください。また、期限の過ぎた容器は使用しないでくだ
   さい。
 10.  生理・痔などで出血が多い場合は検査を中止するか、保健師又は担当者にご相談ください。
 11.  便に血が混じる、出血があるなどの症状がある場合は、病院での精密検査を受診してください。



胸部検診(肺がん・結核)
 ※妊娠している方、またはその可能性のある方は受診できません。
注意事項
 1.  無地のTシャツや薄い肌着で受診してください。
 2.  特に下記は読影の障害となるので着用、使用できません。
   1)ボタン、ファスナー、ホック、ワイヤー、アジャスター等の金属・プラスチック類が付いている
    ブラジャー等の下着を含む衣類
   2)襟付き(タートルネックを含む)、厚手の衣類
   3)ネックレス、湿布、カイロ、磁気製品、コルセット等
 3.  長い髪は首にかからないように束ねて、高い位置に留めてください。
 4.  撮影時に上を向く姿勢をとる場合がありますので、首に痛みのある方は事前にお知らせください。
 5.  また聴力に障害のある方も事前にお知らせください。



子宮頸がん検診
 ※妊娠している方、またはその可能性のある方は受診できません。
注意事項
 1.  服装についてはスカートが望ましいですが、ズボンの方はバスタオルなどを持参してください。
 2.  検査後に出血を伴う場合もありますので、生理用ナプキン(センターにも用意があります)を持参
   してください。
 3.  生理中でも検査は可能ですので、検査前に担当者にお知らせください。 



乳がん検診
 
注意事項
 1.  検診を受ける方は、必ずバスタオルを持参してください。
 2.  ネックレス・磁気製品・湿布等をはずし、髪の長い方は頭の上にまとめてください。(髪結いゴム、ヘアーピンはセンターでも用意しています)
 3.  次の方は乳がん検診を受診できません。
   40歳未満の方。
   妊娠している方、またはその可能性のある方。
   授乳中の方。(断乳・卒乳してから1年以上経過してからの受診をおすすめします)
   ペースメーカー、ICD(埋込み型除細動器)、シャントチューブ、ポート等の医療器具を装着している方
   豊胸手術を受けた方。
   乳がん手術の既往歴のある方は、概ね手術から10年程度、その手術をした病院において経過観察になります。
 手術から10年未満の方は、乳がん検診の受診について主治医に相談することをお勧めします。

 4.  肋骨骨折や肋骨にひびが入っていたり、乳房付近に外傷などがある場合は、市町村等の担当者に
   申し出てください。(マンモグラフィが実施できないこともあります)



トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 注意事項

このコンテンツに関連するページ

ページのトップへ戻る