トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> がん検診

青森県総合健診センター 健診メニュー

私たちは、がん やその他の病気を早期に発見すること、また、健康状態を検査しお知らせすることにより、みな様のより良い健康へのお手伝いをすることを目指しております。

健康診断メニュー
 職場の健診  市町村の健診   特定健診
 がん検診  その他の健診  




がん検診

がん検診は、身体にがんがあるかどうかを調べる検査です。また、がんが見つかった場合には、二次検診などで身体のどこにどんな種類のがんが、どれくらいの大きさであるかなどを調べ、どのような治療方法が最も適しているか方針を立てるのに役立てます。


 がん検診
 胃がんは早期で発見されると治癒率が高いがんです。40歳を過ぎたら年に1度は検診を受けましょう。 
→ 詳細はこちら
 大腸がん検診
 大腸がんは早期がんの治癒率が高いがんです。
 早期発見のためには定期的に検診(便潜血検査)を受けることが効果的です。  
→ 詳細はこちら
 がん検診
 肺がん検診はX線撮影による検査と、喀痰細胞診(該当者)を併用して行っております。
 治療技術の進歩で、肺がんも早期であれば治療成績も年々よくなっています。 
→ 詳細はこちら

 子宮がん検診
婦人科のがんで最も一般的な子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がん(子宮内膜がん)があります。最近、若い女性の間で子宮頚がんが急激に増えています。
→ 詳細はこちら

 がん検診
 女性のがん罹患数では、乳がんがトップです。検診対象年齢は40歳以上で、受診間隔は2年に1回とされて
 います。 
→ 詳細はこちら
 前立腺がん検診
 前立腺がんの発生には男性ホルモンが関与しており、加齢によるホルモンバランスの変化が影響していると
 考えられています。 中高年の男性において注意すべき病気のひとつです。 
→ 詳細はこちら




トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> がん検診

このコンテンツに関連するページ

ページのトップへ戻る