トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 注意事項

青森県総合健診センター 各検診の注意事項

正確な検査をするために、ご協力をお願いいたします。


各検診の注意事項


 胃がん検診  大腸がん検診   胸部検診(肺がん・結核)
 子宮がん検診  乳がん検診  特定健診、一般検診など
 腹部超音波健診




特定健診
 
注意事項

理学的検査

医師による内科診察の際、予めシャツ等は胸を出しやすいようズボン等から引き出しておいてください。

血圧測定

健診当日の朝は絶食とし、禁煙はしないでください。ただし、血圧の薬・心臓の薬は当日起床時に100ml程度の水で服用してください。

尿検査

生理中の方は検査前に申し出てください。(尿検査は実施しません)

血液検査

中性脂肪検査、血糖検査等のデータに影響が出る場合がありますので、健診実施前の10時間以上は絶食してください。(糖尿病薬は服用しないでください)
採血後は、採血箇所が腫れないよう、5分くらい止血バンドで押さえ、決して揉んだりしないでください。

心電図検査

手首・足首・胸に電極を付けるので、手首・足首を出し、シャツ等は、胸を出しやすいようにズボン等から引き出しておいてください。
  

無酸瞳式眼底検査

原則として、緑内障、白内障など眼科治療中の方は、眼底写真は撮影しません。また、ソフトコンタクトレンズ以外のコンタクトレンズ使用の方は、外してから撮影しますのでレンズケースを持参してください。外せない場合は撮影出来ませんので、検査員(事務員及び検査担当看護師等)に申し出てください。
撮影後は、目を擦らないでください。5分程度で普通に戻ります。




定期健康診断(事業所健診)
 
注意事項

尿検査

生理中の方は検査前に申し出てください。(尿検査は実施しません)

視力検査

普段の生活又は勤務状態での測定となりますので、眼鏡を使用している方は眼鏡を持参してください。
コンタクトレンズ着用中の方は、検査員に申し出てください。

心電図検査

手首・足首・胸に電極を付けるので、手首・足首を出し、シャツ等は、胸を出しやすいようにズボン等から引き出しておいてください。

理学的検査

医師による内科診察の際、胸を出しやすいようにあらかじめシャツなどはズボンから引き出しておいてください。

血液検査

Cコースの受診者は、中性脂肪検査、血糖検査等のデータに影響が出る場合がありますので、健診実施前の10時間以上は絶食してください。(水、お茶はさしつかえないですが、胃がん検診を受診される方は飲まないでください)
但し、原則として血圧の薬・心臓の薬は当日起床時に100ml位の水で服用してください。
※定期健康診断のAコースを受診される方は、食事・水分制限はありません。ただし中性脂肪、血糖検査のある方は絶食してください。
採血時に、しびれや痛みを感じた方はただちに、採血をした看護師にその旨をお知らせください。





腹部超音波健診
 
注意事項
 1.  健診当日の朝は絶食とします。ただし、原則として血圧の薬、心臓の薬を服用されている方は、
   当日起床時に100ml位の水で服用してください。
 2.  お腹を出して検査をしますので、検査をしやすいようにお腹を締め付けないような服装で受診して
   ください。




トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 注意事項

このコンテンツに関連するページ

ページのトップへ戻る