トップ > センター概要 > 普及啓発事業、会議・研修会・学会、受託検査

普及啓発事業

公益財団法人青森県総合健診センター

各種健(検)診の普及啓発活動

特定健診、結核検診、各がん検診等受診率の向上を図るため、新聞、テレビ等による情報を発信しています。また、広報誌の発行を実施しています。


結核の予防啓発
結核予防会青森県支部として、毎年9月24日から9月30日の結核予防週間を県民へ広く周知しています。
青森県結核予防婦人会と協力して、複十字シール募金運動を展開しており、結核予防週間には、青森市内において複十字シール街頭募金を実施しています。
また、市町村の健康展や健康祭りに参加し、啓発活動を実施しています。


がんの予防啓発
日本対がん協会青森県支部として、青森県よろこびの会(がん克服者の会)と協力し、9月1日から9月30日のがん征圧月間に市民公開講座やマスメディアなどを利用し、啓発活動を実施しています。
また、市町村の健康展や健康まつりに参加し、啓発活動を実施しています。


生活習慣病の予防啓発
市町村の健康展や健康祭りでのパネル展示やパンフレット、リーフレット等の配布、健康相談等を実施しています。
 また、2月1日から2月7日の生活習慣病予防週間での予防啓発活動を実施しています。


健康教室等への講師派遣
市町村、事業所等からの御依頼で、当センターの医師や保健師、管理栄養士などが健診やがん、健康等について正しい知識を理解していただくため、様々な講演を実施しています。







会議 ・ 研修会 ・ 学会

公益財団法人青森県総合健診センター

会議等

結核予防会全国大会やがん征圧全国大会をはじめ、東北・北海道ブロック会議などへ積極的に参加し、健(検)診の精度向上に努めています。
また、各種委員会において症例検討会や判定基準について会議を実施しています。



研修会

特定健診やがん検診の受診率の向上やがん検診精度向上などより良いサービスを目指して、関係機関の皆様と様々な会議・研修を実施しています。

生活習慣病等集団検診従事者研修会
市町村、事業所等集団検診担当者及び保健師を対象に最新の情報提供やがん検診についての知識を提供しています。

健診従事看護師研修会
集団検診に従事する看護師を対象に医療技術の向上や接遇など精度向上のために研修会を実施しています。



学会

健診技術の向上及び精度管理に役立てるため、学会への参加や研究・発表を実施しています。





受託検査

公益財団法人青森県総合健診センター


細胞診受託検査

青森県民の健康増進及び子宮がん検査精度の維持・向上を主たる目的として、弘前大学医学部付属病院及び県立中央病院などの各公立病院並びに各医療機関からの委託を受け、子宮がん細胞診検査等を実施しております。






トップ > センター概要 > 普及啓発事業、会議・研修会・学会、受託検査

このコンテンツに関連するページ



ページのトップへ戻る