トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 市町村の健診> 詳細

青森県総合健診センター 市町村の健診


 後期高齢者健康診査
 高齢者の生活習慣病の予防を図り自立した生活をおくるための健康診断です。
 そのため、高血圧、脂質異常症、糖尿病の内服治療中の場合、健診を受けられないことがあります。

対象者
・原則として75歳以上(検診日前日年齢)の方。

検査内容
(1)原則として特定健診・生活機能評価と同時に実施します。
(2)健診項目
問診(現在の症状・既往歴・服薬歴・喫煙歴・家族歴等・
生活習慣)
身体計測(身長・体重・BMI)
理学的検査(視診・打聴診・触診等) 血圧測定
尿検査(蛋白・糖)※潜血(後期高齢者健康診査項目外)
血液検査
 【血中脂質検査】HDLコレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール
 【肝機能検査】AST・ALT・γ-GTP
 【血糖検査】血糖(空腹時)
  ※やむを得ず食直後(食後3.5時間未満)に採血される方については、空腹時血糖検査の替わりに
  HbA1cの検査を実施します。また、食後3.5~10時間の場合で、HcA1cを測定していない場合は、
  随時血糖としてこの値を採用します。
※詳細な健診(心電図、無酸瞳式眼底検査、貧血検査、血清クレアチニン検査)は、特定健診に準じます。

 介護予防のための生活機能評価 
 早期に生活が活発でなくなることや、筋力、体力の衰えを知ることで介護を必要としない生活を長く送るための
 健診です。
 
対象者
65歳以上の介護保険1号被保険者の方

検査内容

問診「介護予防のための生活機能評価」
身体計測(身長・体重・BMI)
血圧測定
理学的検査(口腔内の衛生状態の確認・関節可動域の確認)
※追加項目
心電図検査
貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
血清アルブミン
反復唾液嚥下テスト
※生活機能チェック等で特定高齢者の候補者に該当した場合は、医師の指示で追加項目を実施します。



トップ > 総合健診センター > 総合健診センターメニュー> 市町村の健診> 詳細

このコンテンツに関連するページ

ページのトップへ戻る